金策

お金を借りるための準備

今すぐお金が必要な状況で肝心のお金が無い場合、殆どの人は窮地に陥ってしまいます。欲しい物が買えないような状況ならば、我慢をすれば済む話ですが、どうしても支払う必要があるお金の場合はそうもいっていられません。支払いを遅延すると、何らかの罰則がある場合が多いからです。

消費者金融などの金銭賃借業者への支払いが遅延すれば、遅延金が発生しますし、公共料金や税金の支払いに関しても同様です。支払う義務のある支払金は、どんなに嘆願しても待ってはくれません。したがって、どうにかしてお金を作る必要があるということです。

金融会社

日頃から困らないように貯金をしている人は別として、殆どの人はその日の生活に追われて貯金どころではないのが現実です。そのような人が最初に考える金策は、親や知人からの借金ですが、人に迷惑をかけたくないと考えるのが人間の性です。

そういった方の殆どは、金融業者からの借金です。お金を貸すことを商売としている業者から借りれば、誰に迷惑をかけることなく金策もできます。

0

しかし、金銭賃借業者からお金を借りれば、元金の他に金利を支払う義務が発生します。銀行のような大手から借りれば金利も低くて済みますが、中小や中規模以下の消費者金融では、上限金利一杯の利息を支払う覚悟が必要です。借り入れの額が多ければ多いほど、利息も高くなります。

借りたお金が支払える目途がある方は、消費者金融やキャッシング会社から借りればいいでしょう。きちんと支払いシミュレーションを建てて計画通りに返済をすれば問題ありません。

しかし、他社への支払いのために借り入れするような自転車操業での借り入れは、回避されたほうがいいです。借金を増やすだけのことで、破産までの時間稼ぎに他なりません。

景気の動向

80年代後半から90年代初頭にかけて日本国内はバブル崩壊の憂き目に遭遇しました。株価や不動産は下落し一夜にして財産を喪失してしまった人たちは少なくありません。

金融業界も同様、景気は低迷し破綻の憂き目に遭う金融機関も少なくありませんでした。当然そういった社会環境では個人の消費は冷え込み、GDP成長率は1%〜2%という低成長時代が到来したのです。

しかし経済が成長しない状況においても、消費者金融におかる貸付額は平均で民間最終消費支出の約25%を占めており、消費支出に大きく貢献しています。

つまり、景気が悪い状況の中でも消費者金融やキャッシング会社は、一般庶民に利用されているということです。このことは、販売信用でいえば、将来所得を期待してマンスリークリアや分割払いでの支払いが活発化することと似ています。

消費者金融業界では

消費者金融で例えれば、将来所得が上がること見越して小口のキャッシングをしたり、負債の増加から多重債務に陥って自己破産をせざるを得ない状況に陥った人々が存在したことを意味します。

最新の金融状況においては、金融業界供与額が80兆円を突破し、同年のGDPの役15%に相当しています。90年初頭のバブル崩壊以降、低成長期に突入し、景気が低迷している中でも消費者金融の貸出額は増加させていました。

その後も多少の変動はあったものの、供与額の右肩上がりは継続しています。しかし、この貸出額の増加現象は、景気低迷の影響を大きく受けており、消費者金融市場というのは景気の状況を反映して変動していると考えてよいでしょう。